音響熟成木材

onnkyoujyukuseimokuzai_logo.jpg

 

 

 

 

 

常温熟成庫の中でクラシック音楽を聴かせ、熟成乾燥させた木材。

  

木材で大切なこと・・・それは乾燥です
木材で一番大事なのは「乾燥」だと言われます。
一般に乾燥方法は、「自然乾燥」と「機械乾燥」に大きく分類されます。

木材にとって良いのは「自然乾燥」ですが、乾燥にとても時間がかかり、乾燥途中で割れたり変形したりとロスが多いため、高価になってしまうというデメリットがありました。

次に、「機械乾燥」は、熱風やスチーム等による高熱を利用して乾燥させるものです。そのため、木材に含まれる、大切な油分やエキスが水分とともに失われ、同時に木の細胞が破壊されてしまい、木本来の機能が失われてしまいます。

 onnkyoujyukuseimokuzai_table1.jpg

化学物質の吸着・分解効果が期待される「木材」
このように、「自然乾燥」「機械乾燥」にはそれぞれ、メリット・デメリットがあります。そこで、「音響熟成木材」を紹介します。

 

 

木が持つ本来の力を生かすonnkyoujyukuseimokuzai_table2.jpg
音響熟成木材は、ただ自然から切り取っただけの自然素材ではなく、自然の持つ機能を失わないよう、工夫と努力を重ねて創られる本物の自然素材と言えるのではないでしょうか。
自然がもともと備え持っている、様々な効果・効能を、「住まい」の一部となっても発揮できる、それが「音響熟成木材」です。

 

音響熟成木材の特長

  1. 常温で音響熟成し、木材の細胞が破壊されず生き生きしている。
  2. 保水性が高く、梅雨時に保水し、乾燥時に水分の発散を行い、風邪やインフルエンザの予防効果が期待できる。
  3. 調湿性能が向上し、結露対策や防カビ対策に役立つと思われる。
  4. 保温性に優れ、体感温度が人肌に近く、一年中素足の生活が楽しめる。
  5. 油分が多く含まれているため、見た目も美しく、防菌作用が優れている。

 line1.jpg

                  mabofosinosikkui_logo.jpg                   uzukurinoyuka_logo.jpg

 

         ※音響熟成木材は、カイケンコーポレーション株式会社の登録商標です。

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る