幻の漆喰

mabofosinosikkui_logo.jpg 

 

 

 

   空気環境を整える自然由来の壁材 

 

 

真の健康住宅ですか
健康住宅。引っ越しをした後も「健康な住まい」といえますか?

健康住宅を建てたと思っていたのに、住むために引っ越しをしてきたら、健康住宅じゃなくなってしまう・・・これは、どういうことでしょう。

 

たとえば木材。
シックハウス症候群の対策として、ホルムアルデヒドの放散量による基準や、24時間換気システムの設置義務等を設けた「改正建築基準法」が知られていますが、その基準をクリアした家を建てても・・・。いえ、さらに進んで、健康住宅を前面に押し出した自然素材の家を建てても・・・。
家具等に使われる木材には、今はまだ、規制はありません。木材だけでなく、生活に使用しているさまざまな物質が、化学物質を放散しています。

 

だから、「健康住宅を建てた」と思っていても、引っ越したそのときから、家具や家電や衣類など、さまざまな生活雑貨からの化学物質の放散が始まり、住まいの空気は次第に健康的でなくなっている・・・。

つまり「健康的な住環境」のためには、化学物質を放散する素材を使わないというだけではなく、化学物質を吸着して分解できる機能も併せ持たなければ、ならない・・・。

そして、そのような素材を使用していなければ、真に健康な住まいと呼ぶことはできません。

 

 

「幻の漆喰」maborosinosikkui_syouhinn.jpg
漆喰は、いうまでもなく伝統的な自然素材。

幻の漆喰は、その伝統の技と、高度な技術で作られた、今までにない新しい壁材です。もちろん、自然素材しか使っていません。

 

幻の漆喰は、化学物質の吸着力が非常に高いことで知られる焼成カルシウムと、麻のスサや海草を煮込んで作った糊を、カビを発生させない無菌水に混ぜ合わせ「光熱触媒」の技術を利用して生成されています。

 

幻の漆喰がもつ光熱触媒の効果は、光が当たる場所はもとより、暗がりでも「温度」と反応し、毎日の生活の中で発生している臭いの元や、家具・家電などから発生する化学物質を吸着・分解し、クリーンな空気をつくり、心地よい居住空間を保つと考えられています。

 maborosinosikkui_data.jpg

   

  

 

      

 ※幻の漆喰のホルムアルデヒド分解試験データ

   わずか30分でこの数値

  
幻の漆喰の特長

 1.室内の空気半永久的にクリーンに保つ「天然の空気清浄機」

 2.ホルムアルデヒドだけでなく、様々な化学物質有害物質吸着分解

 3.光熱触媒により、壁の汚れ(化学物質の汚れ)を自然に分解。

 4.マイナスイオンや各種ミネラル物質を発散、リラックス効果が得られます。

 

line1.jpg

           onnkyoujyukuseimokuzai_logo.jpg      uzukurinoyuka_logo.jpg

 

  ※幻の漆喰は、カイケンコーポレーション株式会社の登録商標です。

  

 

 

 

▲このページのトップに戻る