資金は幸福を呼ぶために配分する

さて、あなたは「家」にどんな夢がありますか?

流行の外装材を使いたい。デザイナーズハウスのような外観にしたい。広いウッドデッキがほしい・・・。いろいろ、ありますよね。

一時の思いつき、好み、趣味、流行に惑わされて、ムダなお金の使い方をしないように注意しましょう。内装や外観の仕上げは、趣味や個性を「ほどよく」生かし、自然で品よく落ち着いたものにすると、長く愛着を持ち続けられます。

奇抜なデザインや、流行し始めた材料、目新しい設備は、費用がかさむことも多いでしょう。そうやって予算をかけた結果、後になってあまりにも凝ったデザインに飽きたり、高くて故障の多い設備は、数年後に安くて機能のよいものに改良されたりして、後悔することのないよう、慎重にならなければいけませんね。

たしかに、昔より材料費も工賃も高くなっていますが、今は、住まいそのものが必要以上にぜいたくになっている部分も多く、皆さん、手に余るほどの借金を抱えて、住まいができあがります。

毎月大変な返済をしていくのですから、「冷静になって将来のことも考えれば、もっとよい資金の使い方があったのに」と、後悔したくないものです。

ムダな設備を省いて、自然の恵みを精いっぱい利用する。今だけの衝動で不要なところに予算をかけず、冷静に先のことも考えて決める。これが、上手な資金配分のポイントです。ムダな設備、ムダなランニングコスト、一時の好奇心を満たすデザインなどは、「お金をかけて不幸を買う」ようなもの。

喜びや楽しみを末永く持続できる、上手な資金の使い方を心がけましょう。

 

  ←「9.専門家と共同作業で建てる」へ

▲このページのトップに戻る