専門家と共同作業で建てる

「家」は、そこで暮らす「家族そのもの」です。
よい住まいは、これまで繰り返し述べてきたように、住む人自身の慎重な計画によってつくられた「納得の集約」でなければなりません。

専門家がプランした住まいに、無理矢理家族をあてはめていくのでは、幸福を生む家にはなりにくいのです。

よい住まいをつくるには、住む人自身がよく考えること。
しかし、住宅の専門家が持ちうる知識から経験まで、すべてを身につけることはできませんし、あなたは、あなたの専門分野について日々ステップアップされているはず。

そこで、あなたをサポートするのが住宅の専門家の役割です。
つまり、よい住まいとは、住む人=あなた自身と、専門家の「合作」「共同制作」なのです。

何ごともそうですが、家をつくる際も、選択、選択の積み重ねです。そしてどんな選択にも、メリットがあればデメリットもあります。共同制作のパートナーとなる専門家は、あなたにその選択のメリットもデメリットも伝えてくれて、あなたの家族がこの土地に住むためには、どちらが推奨できるかを、あなたが納得できる理由を添えてアドバイスしてくれるでしょうし、また、そのようなパートナーを選んでほしいと思います。

よいパートナーシップが、よい住まいにつながりますから、あなたと専門家のあいだには、強い「信頼」関係が必要です。専門家との関係性が、「頼って、期待する」に終始しては、しっかりした信頼関係を築くことができません。

つまり、あなた自身も、よい住まいづくりについて、一通り学ぶ必要があるのです。ひとつひとつの選択時における判断力がなければ、結局は、頼って委ねるしかなくなります。

「家」が家族の幸福を支えるものであるために、どうしたらよい住まいになるかを学び、専門家とのパートナーシップにおいて、納得できるまで質問し、将来も考え合わせながら冷静な判断をする。

家づくりは、住む人と、強い信頼関係を築いた専門家の共同作業であり、地道でありながら楽しい作業です。

 

←「8.良い業者を見つけ出す」へ            →「10.資金は幸福を呼ぶために配分する」へ

 

▲このページのトップに戻る