子育てを考えて建てる

子どもの育て方は、軽視すべきではありません。軽視すべきではありませんが、それは何事も子ども優先に考えよ、ということではありません。

子育てとは、子どもが欲しがるものを与えて甘やかしたり、個室で勉強さえしていればいい、というものではありませんよね。

親を敬い家庭のルールを正しく身につけてそれを守り、お互いに悪しきヒミツを持たず、よく話し合う、親子の断絶がなく楽しい会話としっかりしたしつけが行われる・・・そういうものです。

住まいの環境や住まいの仕組み、間取りや設備が子どもに影響を与えていることを忘れないでください。

家づくりを考えることは、外観や機能や設備などのハードだけでなく、住まいの中の人間関係が好ましい状態であるようにといった、ソフト面を考えることです。

子どもが常に家族とコミュニケーションできる仕組みになっているか、子どもの数だけ個室が必要かどうか、学習する場所はリビングに近い方がよくはないか?など、規格住宅の押しつけにとらわれずに考えてみることが大切です。

 

←「1.健康を考えて建てる」へ                       →「3.自然を考えて建てる」へ

▲このページのトップに戻る